『ヘドラ50周年展』渋谷パルコで開催!ゴジラ屈指のサイケデリックワールドをアート&フィギュアで再構築

渋谷パルコ・ギャラリーXにて2021年11月12日(金)から、映画『ゴジラ対ヘドラ』の公開50周年を記念して、サイケデリックでアーティスティックな「ヘドラ」の世界観に特化した『ヘドラ50周年展』が開催されます!

ゴジラ史上最もサイケな「ゴジラ対ヘドラ」

1971年に公開された『ゴジラ対ヘドラ』は、ゴジラと公害怪獣「ヘドラ」の決戦を描いたゴジラシリーズ映画作品です。

劇中のヘドラはヘドロと宇宙鉱物から生まれた生命体で、工業地帯のヘドロを補食しながら巨大な公害怪獣へと変貌していきます。

硫酸ミストを撒き散らし富士山麓にてゴジラとの決戦に挑むヘドラ…というあらすじなのですが、注目すべきはそのサイケデリックな世界観。

登場人物のファッションやゴーゴー喫茶など、ゴジラシリーズの中でもサイケデリックカルチャーを前面に押し出した異色作で、突然のアニメ挿入や公害問題を揶揄する不気味なカットといった演出がある種の中毒性を帯びた作品となっています。

アートで没入する「ヘドラ」の世界

そんな「ゴジラ対ヘドラ」の強烈な世界観にインスパイアされた『ヘドラ50周年展』

会場となる渋谷パルコB1・ギャラリーXでは、東京オリンピック閉会式を手がけた映像作家・中山晃子さんによるサイケデリックな映像作品や、シャンデリアアーティスト・キム・ソンへさんによるフィギュア端材で製作した大型アートを展開!

特撮で使われたヘドラのスーツやジオラマ、50年の時を経た撮影時の貴重な写真も展示され、サイケデリック&アーティスティックなヘドラの世界観を構築します。

フィギュアで収集する「ヘドラ」の世界

さらに会場では、国内外で活躍するアートディレクター・伊藤桂司さんや、スマホによるドロウイングが有名なアーティスト・コインパーキングデリバリー、キム・ソンへさんが彩色を手掛けた「アーティストコラボ ヘドラフィギュア」を50点限定で受注販売!(他に1点ものも抽選販売!)

アーティストコラボ ヘドラフィギュア作品(キム・ソンへ)受注販売 税込165000円(画像はPARCO ARTより)
ムービーモンスターシリーズ へドラ (ヘドラ50周年展ver.) 店頭販売 税込3300円(画像はPARCO ARTより)

『ヘドラ50周年展』限定カラーのヘドラフィギュア「ムービーモンスターシリーズ へドラ (ヘドラ50周年展ver.) 」も店頭販売…ということで、フィギュアファンにとっても注目の展覧会となっています!

>『ヘドラ50周年展』販売フィギュアの詳細はこちら

参加アーティスト

中山晃子(なかやまあきこ)

画家。液体から固体までさまざまな材料を相互に反応させて絵を描く「Alive Painting」というパフォーマンスを行う。科学的、物理的な法則に基づくあらゆる現象や、現れる色彩を、生物や関係性のメタファーとして作品の中に生き生きと描く。ソロでは音を「透明な絵の具」として扱い、絵を描くことによって空間や感情に触れる。近年ではNew Ars Electronica opening performance  2019(オーストリア リンツ)、Biennale Nemo 2018 (フランス パリ)、MUTEK モントリオール、Tokyo 2020 オリンピック閉会式等。

>オフィシャルサイト

キム・ソンヘ

シャンデリアアーティスト。キム・ソンヘは1982年に在日朝鮮人の三世として東京に生まれた。18歳まで朝鮮学校に通い、その後、織田ファッション専門学校に進学。卒業後作家活動を始め、2005年セレクトショップ「Loveless」にて展示したシャンデリア作品が注目を集めたのを契機にシャンデリア作家として独立。以降、国内外の企業やブランドへの作品提供、空間ディスプレイ、プロダクトデザインを手掛けてきた。韓国・ソウルのハンガラム美術館や、アメリカ・サンフランシスコのSUPERFROG Galleryでの作品展示を行う。2016年には初となる作品集『TROPHY』を刊行。それに合わせ、ラフォーレ原宿で大型展覧会「トロフィー」を開催し、好評を得た。

>オフィシャルサイト

伊藤桂司(いとうけいじ)

1958年、東京生まれ。主に、広告、雑誌、音楽関係などの分野でグラフィック・ワーク、アートディレクション、映像を手掛ける。2001年東京ADC賞受賞。テイ・トウワ、キリンジ、木村カエラ、スチャダラパー、THE BAWDIES、PES from RIP SLYME、高野寛、ohana、オレンジペコー、ボニー・ピンク、愛知万博EXPO2005世界公式ポスター、コカコーラ・コーポレイトカレンダー、NHKの番組タイトル&セットデザイン、イギリスのクラヴェンデール・キャンペーンヴィジュアル、SoftBank キャンペーン、KEIJI ITO × graniph Collaboration他、活動は多岐に渡る。個展多数。数々の国内外の展示にも参加。京都芸術大学・大学院教授。UFG代表。

>オフィシャルサイト

COIN PARKING DELIVERY(コイン パーキング デリバリー)

2018年、電車での移動時間にスマートフォンを使い、指で絵を描きだしたことからクリエーション活動をスタート。現代人の必須アイテムでもあるスマホを片手に、「今」というこの時代ならではの疑問や理想を落とし込んだ作品を制作、国内外で高い評価を得る。現在では、データのみならず造形、空間、ドローイング、海外ブランドの店舗内装アートディレクション、海外のパブリックスペースの外壁に至るまで活躍の場を世界に広げている。

>オフィシャルサイト

『ヘドラ50周年展』は、開催初日の11月12日(金)のみ全日事前予約申込(先着順・500円)が必要。11月11日(木)20時の時点でチケットは残りわずか!気になる方は早めにチェックを。

>『ヘドラ50周年展』11/12(金)入場予約チケット

>【関連記事】渋谷パルコ『謎の天才画家manksy ☆ gataro 没後100年展』開催へ!発見された《肉筆原画40点》初公開

渋谷パルコ『謎の天才画家manksy ☆ gataro 没後100年展』開催へ!発見された《肉筆原画40点》初公開

2021年10月15日

ヘドラ50周年展|開催概要

会期2021年11月12日(金)〜11月23日(火・祝)
会場渋谷PARCO B1F GALLERY X
東京都渋谷区宇田川町15−1
MAP
営業時間11:00~20:00
※入場は閉場時間の30分前まで
※最終日は18:00閉場
入場料500円(税込)
※混雑状況により事前予約や整理券配布となる場合があります。
主催パルコ
協力東宝
HP公式サイト
Twitter@parco_art
Instagram@parco_art

アートとフィギュアでどっぷり堪能するヘドラ生誕50周年イベント。めくるめくサイケデリックな空間を楽しんで。

渋谷『まぐろとシャリ』実食レポ!銀座「はっこく」監修のまぐろ丼専門店でまぐろ巻いてきた!

2021年10月22日

【実食】つぶれない店「宮本カレー」渋谷で東京初出店!『宮本カレー渋谷道玄坂店』期間限定オープン

2021年10月20日
【実食】ザクザク&スパイシー!吉祥寺にバターミルクフライドチキン専門店『ラッキーロッキーチキン』新オープン!

【実食】ザクザク&スパイシー!吉祥寺にバターミルクフライドチキン専門店『ラッキーロッキーチキン』新オープン!

2021年10月13日

【再開】3日間で完売!ピーチ『旅くじ』が東京・渋谷に初上陸!行き先が選べない5000円航空券ガチャ

2021年10月7日

閃光の「ショートケーキ缶」バズスイーツ実食レポ!【リゾッテリアガク渋谷】販売場所と通販まとめ最新版

2021年7月2日

▼こちらの記事もオススメ!