下北沢に「OSCAR(オスカー)」がオープン!日本初のヴィーガンアメリカンチャイニーズダイナー

下北沢の商業施設ボーナストラックに、日本初のヴィーガンアメリカンチャイニーズダイナー「OSCAR Vegan American Chinese(オスカー ヴィーガンアメリカンチャイニーズ)」がオープン!グランドオープンは12月29日(木)ですが、プレオープン中にひと足早く行ってきたので実食レポ。メニューや価格、店内の様子などもご紹介します。

下北沢に「OSCAR(オスカー)」がオープンへ

12月18日(日)、下北沢駅徒歩約5分の商業施設・ボーナストラックにヴィーガンアメリカンチャイニーズダイナーOSCAR(オスカー)がオープンしました!

▲OSCAR(オスカー)の外観

場所はボーナストラックの北端、最も下北沢駅よりのテナント1階です。個性的なお店が集まるボーナストラックに〈ヴィーガン仕様に振り切ったアメリカンチャイニーズ〉という未だかつてない新ジャンルが登場しました!

日本初のヴィーガンアメリカンチャイニーズダイナー

最近ちょっと耳にする“アメリカンチャイニーズ”とは、アメリカンに味付けされたしっかり濃い目テイストの中華のことだそう。2016年にカルフォルニア発のアメリカンチャイニーズ「パンダエクスプレス」が日本に上陸した頃からだんだんと知られるようになりました。

オスカーではガッツリ肉系なイメージのアメリカンチャイニーズを、動物性のお肉などを一切使わないオールヴィーガンで提供します。

▲開放的なOSCAR(オスカー)の店内。アメリカンな中華テイストが印象的。

完全ヴィーガン仕様のアメリカンチャイニーズダイナーは国内初とのこと。食欲をそそるミートボールやチキンがすべて大豆ミートだなんて…しかも、アメリカンチャイニーズという未体験ジャンル。驚きと興味でワクワクしてきます!

OSCAR(オスカー)のメニュー

オスカーのメニューでは大豆ミートや100%植物原料のたまご「UMAMI EGG」などのヴィーガン食材を使用。従来のヴィーガンの食イメージを打ち壊し、Z世代やヴィーガンではない人たちにも楽しんでもらえるアメリカンチャイニーズフードを提供します。

ランチでは「ランチコンボ」を提供

OSCAR(オスカー)のランチメニューでは「ランチコンボ」として、大きなどんぶりに主食と惣菜を豪快に盛るワンプレートメニューを提供。見た目は大きな“どんぶり飯”のビジュアルです。

▲オスカーのランチコンボ。写真はメイン1種のせの〈ランチボウル〉

ライス系・麺系の主食を〈サイド〉、上に乗っけるおかず系を〈メイン〉として〈サイド+メイン+ドリンク〉の組み合わせを自由にセレクト。〈メイン〉の品数(1〜3種類)に応じた3種類のボリュームを用意しています。ちなみに〈メイン〉は全10種類を豊富に取り揃え。主食系の〈サイド〉は4種類を用意していますが2種類のハーフ&ハーフで注文することも可能です。

ランチコンボのセット内容

ランチボウル|1000円

  1. サイド1種またはハーフハーフ
  2. メイン1種
  3. ドリンク1杯

ランチプラッター|1200円

  1. サイド1種またはハーフハーフ
  2. メイン2種
  3. ドリンク1杯

ランチデラックス|1500円

  1. サイド1種またはハーフハーフ
  2. メイン3種
  3. ドリンク1杯

ランチコンボの選べるフード

〈サイド〉

  1. ホワイトライス(ライス系)
  2. ブラウンライス(ライス系)
  3. フライドライス(ライス系)
  4. チャオメイン(麺系)

〈メイン〉

  1. ジェネラル・ツォーズ
  2. カンパオ“チキン”
  3. チョップスエイ
  4. オレンジ“チキン”
  5. ソルト&ペッパーフライ
  6. マーボードーフ
  7. ウォルナッツ“シュリンプ”(+100円)
  8. “ミート”ボール(+100円)
  9. “ビーフ”&ブロッコリー(+100円)
  10. “ビーフ”&インゲン(+100円)

このほかにサイドメニューとして、“エッグ”ドロップスープ(150円)、“エッグ”ロール(200円)、“チキン”ボール(300円)、チョコレートバナナラングーン(500円)も取り揃え。もちろんすべてヴィーガンフードです。

Oscar(オスカー)の注文方法

オスカーでは、店内奥のショーケース兼カウンターで商品を選んで注文、先に支払いを済ませて商品をピックアップする注文システムを採用。入店してすぐにカウンターで注文しても、先に席を確保してもどちらもOK。

ランチコンボのサイズ(今回はランチボウル)を店員さんに伝えたら、まずはショーケース左側からサイド(主食系)をセレクト。フライドライスとチャオメインの2種類が用意されていたので、せっかくだからハーフ&ハーフでオーダーしてみました。

続いてメイン(お惣菜系)セレクト。ショーケースの中のお惣菜はどれも美味しそうでしたが、見た目が肉にしか見えない“ビーフ”&ブロッコリーをオーダー!主食を盛った中華どんぶりにこぼれんばかりのメインをオンしてもらいます。

どのメインメニューもがっつりワイルドな印象で食欲をそそります!あとはドリンクをオーダーしてお会計、商品ピックアップ(ドリンクは一部を除きセルフ)の流れです。

お会計は完全キャッシュレス

OSCAR(オスカー)の支払方法で現金は使えません。完全キャッシュレス払いなのでご注意を。各種クレジットカード、Suicaなどの交通系IC、iDやPayPayといった電子決済が利用可能です。

100%ヴィーガンの絶品ジャンク飯に感動!

ピックアップしてテーブルに置いた“ビーフ”&ブロッコリーはどこから見てもビーフそのもの。勝手に想像していたヴィーガン料理のヘルシーなイメージと違って、ワイルドでジャンクなフェス飯といった印象です!

豪快に盛り付けられたどんぶり飯のビジュアルも食欲を加速させます。

どんなに近くで見ても肉にしか見えない…しかも量がすごい!

肉厚プリプリな“ビーフ”は旨味もジューシーさもお肉そのもの!甘辛中華ソースの濃い味付けでどんどんライスが進みます。言われなければこれが大豆ミートだとは気づかないでしょう…!

チャオメインは中華焼きそばといった感じで、オイスターソースでがっつり炒めた芳ばしさがたまりません。しゅわしゅわに縮んだほうれん草が甘辛タレをたっぷり吸っていてクセになる…。アメリカ米使用のフライドライスはパラパラとしたあっさり醤油テイスト。濃い味のおかずと相性抜群です。

ゴロゴロと大きくカットしたブロッコリーも濃い仕上がりで食べ応えがあります。

ガッツリ濃い味フードをシュワシュワのドクターペッパーで流し込む爽快感たるや…。まるで絶品ジャンクフードを食べているような感覚で脳内満足感がすごい!それでいて食後のお腹のもたれはゼロで、スッキリとした満腹感で満たされました。

OSCAR(オスカー)の店内は中華ワールド

オスカーの店内は天井が高く広々とした雰囲気。壁には一面にアメリカンチャイニーズのメニュー写真がスタイリッシュに飾られています。

高い天井は鏡になっていて見上げると摩訶不思議な世界に。独特な世界観でアメリカンチャイニーズワールドが表現されていてワクワクしますよ!

ヴィーガンフードとは思えないビジュアルと味わいに驚きでしたが、そのイメージを覆すジャンクな味付けにも仰天!文句なしに「美味しい!」と頷いてしまうOscarのヴィーガンアメリカンチャイニーズ、ぜひ一度味わってみてください。

12月27日まではプレオープン期間で、12:00〜17:00(ラストオーダー16:00)のランチ営業のみ。12月29日(木)のグランドオープン後は12:00〜23:00でディナー営業も始まる予定。OSCAR(オスカー)の最新情報はInstagramをチェックです。

OSCAR(オスカー)の求人情報

OSCAR(オスカー)ではオープニングスタッフを募集中です。(求人は終了している場合があります。予めご了承ください)

 

>【関連記事】下北沢に「大衆食堂スタンド そのだ」がオープン!人気のチャーシューエッグ定食はハマる旨さ

下北沢に「大衆食堂スタンド そのだ」がオープン!人気のチャーシューエッグ定食はハマる旨さ

2022年12月13日

OSCAR(オスカー)|店舗概要

オープン日2022年12月18日(日)(12/27までプレオープン期間、12/29グランドオープン)
住所東京都世田谷区代田2-36-15 BONUS TRACK内
MAP
営業時間12:00〜23:00
※プレオープン期間は12:00〜17:00(L.O.16:00)
定休日なし
TEL03-6823-7496
HP
Instagram@oscaramericanchinese

参考出典:UMAMI UNITED JAPANリリース

渋谷駅前3Dヒットビジョンに巨大な秋田犬!8面広告サイネージで仔犬が遊ぶ

2022年8月28日

【34駅調査】ヤクルト1000の自販機がある駅はどこ?JR東は高確率で発見可能〈渋谷・吉祥寺・代々木・新宿・恵比寿など〉

2022年8月27日

うどん「おにやんま」が吉祥寺にオープン!全20種のメニュー&トッピング、注文方法を現地レポ

2022年7月12日

ショートケーキ缶の新作も!渋谷『OKASHI GAKUの自販機』レポ ケーキ缶を24時間いつでも購入

2022年7月7日

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitterでシブきちを

▼こちらの記事もオススメ!