ホッピーと初詣。どちらもハシゴはありですか?井の頭線と京王線が年末年始の終夜運転を実施します。

井の頭線・京王線の終夜運転実施

京王電鉄は12月31日(火)から2020年1月1日(水・祝)にかけて、令和初の終夜運転を実施を発表しました。

考えてみれば激レアの年に一度の「終電がなくならない日」。「本当に終電はなくならないの?」という、ちょっぴり心配性な方のために井の頭線・京王線の終夜運転状況をお知らせしていきます。

井の頭線の終夜運転

ご機嫌いかがですか?シブきち(@ShibukichiNet)です。

シブきちツイッターバージョン
初詣はどこ行くの?

まずは井の頭線の終夜運転情報から!

  • 日程:2019年12月31日(火)~2020年1月1日(水・祝)
  • 区間:渋谷〜吉祥寺駅間
  • 各駅停車を約30分〜40分間隔で運行

京王線の終夜運転

続いて京王線です!

  • 日程:2019年12月31日(火)~2020年1月1日(水・祝)
  • 区間:新宿~京王八王子駅間、新線新宿~笹塚駅間、北野~高尾山口駅間
  • 各駅停車を約20分〜30分間隔で運行

※相模原線(調布~橋本駅間)、競馬場線、動物園線の終夜運転は実施しません。

京王線の終夜運転の様子
昨年の終夜運転の様子

高尾山へ行くなら!臨時座席指定列車「京王ライナー迎春号」

昨年度好評だった新宿発高尾山口行きの臨時座席指定列車を、今年度は「京王ライナー迎春号」として計4本運行!

そしてなんと終夜運転では初の試み!高尾山からの帰りに便利な高尾山口発新宿行き「京王ライナー迎春号」を1本運行です!

さらに乗車特典として、迎春号を記念した京王電鉄オリジナルトレーディングカードをプレゼントという至れり尽くせり。

「京王ライナー迎春号」には5000系車両を使用。座席はクロスシートのほか電源コンセントやフリーWi-Fiの利用OKで、座席指定料金は一律410円とおトクです。

高尾山の迎光祭(昨年の様子)
高尾山の迎光祭(昨年の様子)

Let’s井の頭線de初詣!そもそも初詣のハシゴってOKですか?

ちょっと有名な神社にみんなで初詣した後に、馴染み深い地元の神社でも初詣…なんて人も多いのでは?

そこで気になるのが「初詣のハシゴ」です。ちょっと一杯のつもりで飲んだハシゴ酒はキホン明日が休みならOKですが、「ハシゴ初詣」の場合はどうなのでしょう?

江戸時代からある「ハシゴ初詣」

お正月の恒例イベント「七福神めぐり」は7カ所の神社・お寺をめぐり、関西圏に多い「三社参り」は初詣に三つの神社を詣でます。言われてみればどちらも「ハシゴ初詣」です。

この2つの「ハシゴ初詣」の慣習、実はすでに江戸時代からあったのだとか。江戸時代から続いている慣習なら、安心して「ハシゴ初詣」もできますね。

参考:ウェザーニュース

吉祥寺七福神の弁財天「井之頭弁財天」
武蔵野吉祥七福神の弁財天「井之頭弁財天」

終電を気にせずハシゴ酒できる唯一無二の神Day!

終夜運転をするということは、終電を気にしなくてもよいということに気づいてしまった皆さま。そう、この日は年をまたいで壮大なハシゴ酒を決行できる神Dayでもあります。

同じ駅でハシゴするのはもちろん、この日だけは深夜でも電車移動OK!より立体的なハシゴ酒が楽しめますね。

吉祥寺ハーモニカ横丁
吉祥寺ハーモニカ横丁にはハシゴ酒の無限ループがあるらしい(個人的な感想です)

年に一度の「終電がなくならない日」。工夫次第でいろんな活用法がありそうです。そもそも深夜の井の頭線・京王線に乗れるなんて滅多にないチャンス!それだけでもちょっとアガりますね。

それでは今回はこのへんで。ご覧いただきありがとうございました!

詳しくはこちら:京王電鉄ニュースリリース(PDF)

【関連記事】井の頭線 久我山では大晦日まで街ごと輝いてます!恐竜と宇宙人が仲良くキラメく久我山イルミネーションをどうぞご覧ください。

▼こちらの記事もオススメ!