【実食】タムジャイサムゴー(譚仔三哥)が吉祥寺に上陸!ミシュラン3年連続の超人気香港ヌードル

香港で人気No.1の米線(ミーシェン)スープヌードルチェーン『タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥 米線)』が日本初上陸しました!

2022年3月31日(木)に日本1号店としてタムジャイサムゴー(譚仔三哥) 新宿中央通り店」がオープン、次いで4月14日(木)にはタムジャイサムゴー(譚仔三哥) 吉祥寺店」もオープン!同じく5月19日(木)にタムジャイサムゴー(譚仔三哥 恵比寿店」もオープン予定です。

さっそく新宿中央通り店へ行ってきたので気になるお味を実食レポ!『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』のメニュー、値段、吉祥寺店の場所やお店の様子などの最新情報をご紹介します。

ミシュラン掲載の超人気香港ヌードル店『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』

『タムジャイサムゴーミーシェン(譚仔三哥 米線)』は香港No.1の人気を誇る米粉麺(ミーシェン)スープヌードルレストラン。運営は丸亀製麺を手がけるトリドールなんですね。2022年4月時点では香港、シンガポールに85店舗を展開するアジア屈指のヌードルチェーンです。

新宿に日本初上陸したタムジャイサムゴー新宿中央通り店▲

改良を重ね多彩なスパイスが調合されたオリジナルスープは、香り・しびれ・辛さの複雑な味わい。五感を揺さぶる個性豊かな6種のスープを展開しています。

スープの辛さとトッピングの組み合わせを自分好みでカスタマイズできるのも特徴なんです。

お米と水だけで作られた麺(米線:ミーシェン)は、モチモチでぷりっとした歯切れがたまらない食感!グルテンフリーなので、健康志向の人や小麦アレルギーの人も安心して食べられますね。

タムジャイサムゴー 新宿中央通り店の行列▲

やみつきになる味わいをお手頃価格で楽しめることから、香港のQSR(クイック・サービス・レストラン)業界で人気No.1のブランド評価を得ているのだとか。ちなみに同店は、ミシュランガイドの「ビブグルマン」に3年連続で掲載されているので、その美味しさはお墨付きですね。

140万通りのカスタマイズ!『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』のグランドメニュー

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』では日本初上陸にあたり本場香港のメニューを展開。最大の特徴となる〈140万通りのカスタマイズ〉を前面に打ち出しています。注文の仕方は簡単。〈スープ、辛さ、トッピング〉を自由に選んで自分好みの味を楽しむだけ。サイドメニューやドリンクも豊富に取り揃えていますよ。

①一番のこだわり「6種のスープ」を選ぶ

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』で最もこだわっているのが…スープなんです!

『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』で展開する6種のスープ
  • 麻辣(マーラー)…610円
    香港で一番人気。花椒(ホアジャオ)パウダーとチリオイルによる辛さと痺れにコクと旨味が合わさった、あざやかで複雑な味の麻辣スープです。
  • 番茄湯(トマト)…670円
    女性に大人気です。 トマトのフレッシュな甘さと酸味にスパイスの豊かな香りがあいまった、タムジャイ自慢の”驚きのトマト”です
  • 清湯(クリアスープ)…550円
    全てのスープのベースとなるのが「清湯(クリアスープ)」です。なめらかで透明感があり、コクがありながらすっきりとした味わいです。
  • 煳辣(ウーラー)…610円
    焦がしスパイスの風味が際立つ独特の新しい味で、中毒性があります。
  • 酸辣(サンラー)…610円
    酸味と辛みの絶妙なブレンドが食欲をそそるスープです。
  • 三哥酸辣(サムゴーサンラー)…670円
    中国のお酢からくる酸味とスパイスの辛味が合わさり、更にそこにコクと旨味が加わって、やみつきになる味です。

②激辛マニアも注目「10段階の辛さ」を選ぶ

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』の“辛さ”は10段階からセレクト。基本の辛さは5小辣ですが「初めての人は10小辣からお試しください」とのこと。本場香港では10小辣と5小辣が人気だそうです。

『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』の10段階の辛さ

上から4つの辛さは2小辣の実食経験者のみ注文可能という危険ゾーンです。ちなみに一番辛い“特辣”の英語表記は、Hell Fire(地獄の炎)…。命知らずの猛者たちによる激辛制覇合戦の予感!

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』のタイプ別辛さオススメ▼

  • 激辛大好き…「麻辣スープ」の「小辣」がオススメ!
  • 辛いの苦手…「清湯(クリアスープ)」または「番茄湯(トマト)」がオススメ!
  • 辛いの駄目…各スープを「不辣(辛さゼロ)」で注文がオススメ!(クリアスープは不辣のみの提供)

③その日の気分「25種のトッピング」を選ぶ

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』の“トッピング”は野菜、肉、魚介など25種を取り揃え。必ず1つ以上の注文が必要です。本場香港では鶏むね肉、豚バラチャーシュー、豚ひき肉炒めが人気だそう!

タムジャイサムゴーの代表的なトッピングのいかボール、フィッシュボール、三角揚げは香港から輸入。本場の味を楽しめますよ。

トッピング一覧▼
  • えのきだけ…90円
  • きくらげ…90円
  • 大根の酸菜…90円
  • もやし…90円
  • はくさい…90円
  • チンゲン菜…110円
  • まいたけ…110円
  • しいたけ…110円
  • にら…110円
  • ほうれん草…110円
  • パクチー…150円
  • 豚ひき肉炒め…110円
  • 鶏むね肉…150円
  • 豚ロース肉…150円
  • 牛肉…190円
  • 豚バラチャーシュー…190円
  • プレミアム牛肉スライス…190円
  • ベビーホタテ…110円
  • ベビーイカ…150円
  • フィッシュボール…150円
  • 三角揚げ…150円
  • いかボール…190円
  • 油あげ…90円
  • うずらの玉子…90円
  • ピータン…150円

大人気のトーフェイ・チキンも!『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』のサイドメニュー

『タムジャイサムゴー(譚仔三哥)』ではサイドメニューも充実しています。

中でも「トーフェイ・チキン」は香港で商標登録をしているほどの大人気商品。スパイスを効かせて焼いたチキンは外はカリっと中はジューシー!何本も食べたくなる美味しさ…というお店でも激推しメニューなんです。

タムジャイサムゴー(譚仔三哥)のサイドメニュー

他にも「豚バラチャーシューにんにくのせ」などのおつまみ系、日本限定の「丸ごとトマトの黒酢ソース」や「ほうれん草のマスタードソース」などの一品料理、たたききゅうりや豚しゃぶ肉などの小皿料理もラインナップです。

定番スタイル「麻辣スープ」×「トーフェイ・チキン」×「香港レモンティー」を楽しむ!

お店によると「最初に来店されたら、一番人気のマーラー(麻辣)スープと、トーフェイ・チキン、そして香港レモンティーという香港の定番スタイルを味わってください」とのこと!

香港の定番スタイル「麻辣スープの米線」×「トーフェイ・チキン」×「香港レモンティー」

香港スタイルの「香港レモンティー」は、タムジャイサムゴーが独自にブレンド。アツアツ&スパイシーなスープとの相性抜群!レモンをつぶしてお好みの酸味で飲むのが香港スタイルですよ。

タムジャイの日本1号店は新宿に!吉祥寺、恵比寿にも続けて出店

香港では毎年3000万人以上が味わっている譚仔(タムジャイ)ブランドですが、いよいよ『タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥米線)』が新宿・吉祥寺・恵比寿の3エリアに日本初上陸です!

「タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥 米線)」の日本1号店として2022年3月31日(木)に新宿中央通り店がオープン。次いで4月14日(木)に吉祥寺店5月19日(木)に恵比寿店もオープンです!

タムジャイサムゴー 新宿中央通り店ではオープン初日から長い行列ができていましたよ。

タムジャイサムゴー吉祥寺店ではデジタル整理券を配布しているので行列は短め。オープン初日は1時間待ちだったそうです。

『タムジャイ サムゴー(譚仔三哥)』の店舗ビジュアルは本場香港風!

「タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥 米線)」の店舗デザインは個性的でインパクトがあります。

日本1号店の新宿中央通り店は、昨年にアップデートされ評判の香港 旗艦店の店舗デザインを踏襲。シンプルでスタイリッシュな外装と遊び心に満ちたエネルギッシュな内装が特徴だそう。

「タムジャイサムゴー(譚仔三哥)」のブランドカラー〈赤〉をポイントに「香麻辛辣」などのブランドキーワードを散りばめた店内。香港の街を象徴するネオン、香港で人気のタイル張り…まさに、本場香港を感じながら本場の米線(ミーシェン)を楽しめる空間になっていますね。

▲新宿中央通り店の1階客席では、ボックス席、テーブル席、カウンター席を用意。

▲新宿中央通り店の2階客席では、落ち着いて食べられるテーブル席を用意。

▲吉祥寺店。こちらも赤と黒のカラーリングがひときわ目を引く店舗デザインです。

「まだ日本語に訳せないウマさ。」危険、タムジャイサムゴーは中毒性あり

タムジャイサムゴー(譚仔三哥)が提供する米線(ミーシェン)は「日本人にとっては未体験の食べ物」だそう!独自配合のスパイスやモチモチの米線が織りなす複雑な風味は、とても一言では言い表せないかもしれません。

その刺激を自由に味わって感じたもの、発見したものを大切にしてほしい…そんな思いを込めてキャッチコピーは「まだ日本語に訳せないウマさ。」としているそう。どんな日本語に訳される味なのか…さっそくいただいてみましょう!

スープは「多重スパイスシビ辛パイタン」

今回は、店員さんもオススメの香港定番スタイルでいってみます!

スープは一番人気の麻辣(マーラー)、サイドメニューにトーフェイ・チキン(3個)、そして香港レモンティーを注文。

デフォルトのトッピングは全スープ共通で豆腐、もやし、ニラとのこと。トッピングにはお肉系で人気の豚バラチャーシューをセレクト。辛さは、「辛いのが好きなら…大丈夫かも」と心配された4小辣に挑戦です。

パイタンのような白乳色に花椒パウダーとチリオイルの赤みが食欲そそるスープ。

ひと口いただくと…気持ちよく口の中が痺れます。そしてやってくる優しく深いコクと旨み…目を閉じて感じるほどに多重スパイシー、そして濃厚な天国パイタン風味。

パクチーもふわっときたような、野菜の甘さもしみてるような。味覚のイメージがふくらむ間もずっと辛い、というより痺れてる。クセになってレンゲが止まらない!

4小辣、辛いですよ!でも辛いの好きな人は楽しめる辛さです。3小辣いけそうな気がする…ノドに入らないように注意が必要です。

米線は「ツルコシプルプル麺」

着丼時はスープに浸かっている米線(ミーシェン)ですが、箸リフトしただけでツルツルプリプリ感が伝わってきます。

ツルッと口の中に入ってプリプリっとした弾力が心地よい!スープとの絡みも抜群で噛めば不思議とコシがある…。プツプツッとした歯応えがたまりませんね。「米と水だけで作った」というのが見た目と食感で伝わる未体験な麺です!

ちょっとうどんにも近いような…とにかく初めての食感、夢中ですすりました。

肉の脂を程よくしたためた豚バラチャーシュー。スープをまとった肉の旨みがシンプルに際立ってて美味しい!

シャキシャキのモヤシとニラも野菜感あって食べ飽きない、豆腐はスープがしみてて味わい深いです。

食べ続けたいトーフェイ・チキン

人気のサイドメニュー「トーフェイ・チキン」は見た目を裏切らない芳ばしい香り。

シンプルな塩コショウの味付けと複雑なスパイシーさで鶏の旨みが際立つなぁ…本当に美味しいので3個はペロリです。

手元にビールがあるならこれだけ食べ続けたい。鶏肉好き、手羽先好きなら必食ですよ。

香港レモンティーのレベルが予想を超えていた

香港レモンティーは米線の着丼前に提供。

ストレートのまま飲んでみると…優しい甘さとほのかな紅茶の香り、じんわりと広がる苦味が本格的なティー感。厚めの輪切りレモンが4枚入っていて、好みの分だけつぶしていただきます。

米線スープの痺れも中和してくれる頼もしいパートナー、注文して損はないですよ!

「タムジャイサムゴー(譚仔三哥) 吉祥寺店」の場所とお店の様子は?

4月14日(木)にオープンした「タムジャイサムゴー(譚仔三哥) 吉祥寺店」の場所は、駅北口のコピス吉祥寺前の元町通り沿い。吉祥寺駅からもほど近い好立地ですね。

吉祥寺 元町通りを東急百貨店方面へ。右の赤い店舗が「タムジャイサムゴー(譚仔三哥) 吉祥寺店」▲

新宿中央通り店と同様にスタイリッシュな外観です。

香港を感じられる店内。

1フロアに66席を設置した広々とした店内設計の吉祥寺店。ファミリーやグループでも気軽に入りやすい空間づくりを目指したそう。明るい窓はプチロードに面しています。

▼タムジャイサムゴーミーシェン(譚仔三哥米線) 吉祥寺店のマップ

「タムジャイ サムゴー ミーシェン(譚仔三哥 米線)」は香港では幅広い層に人気で、ランチタイムを中心に常に行列が絶えないそう。コク深く旨味が凝縮されたスープは「記憶に残る味」と評されるのも納得。吉祥寺店も多くの人で賑わいそうですね。

「タムジャイサムゴー (譚仔三哥) 吉祥寺店」の求人情報

「タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥米線) 吉祥寺店」では現在、求人を募集中です。(※求人が終了している場合もあります)

>「タムジャイサムゴー ミーシェン(譚仔三哥米線) 吉祥寺店」の求人を見る

吉祥寺ハモニカ横丁で「ホッピー金宮祭り」開催!24店舗でホッピーと金宮焼酎を楽しむスタンプラリー

2022年4月6日

>【関連記事】吉祥寺ハモニカ横丁で「ホッピー金宮祭り」開催!24店舗でホッピーと金宮焼酎を楽しむスタンプラリー

譚仔三哥 米線(タムジャイサムゴー ミーシェン) 吉祥寺店|店舗概要

オープン日2022年4月14日(木)
住所〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-10 Kichijoji Ex 1F
営業時間11:00~22:00(L.O21:30)
TEL0422-20-8070
HP公式HP
Twitter公式Twitter
Instagram公式Instagram

トリドールホールディングス リリース

【19店舗紹介】複合施設『ミカン下北』3/30開業!下北沢駅高架下にTSUTAYA BOOKSTOREなど

2022年1月23日

ティー特化スタバ「スターバックス コーヒー キラリナ京王吉祥寺店」 TEAVANAの限定新作ティーをレポ!【ティバーナ 店舗まとめ】

2022年2月16日

ショートケーキ缶の新作も!渋谷『OKASHI GAKUの自販機』レポ ケーキ缶を24時間いつでも購入

2022年5月13日

渋谷パルコで『もちまるカフェ in SHIBUYA』開催!ギネス猫・もち様の限定コラボメニュー、グッズ登場

2022年3月16日

「いいね!」で
最新情報をお届け!

Twitterでシブきちを

▼こちらの記事もオススメ!