『ミカン下北』下北沢駅高架下に3月開業!TSUTAYA BOOKSTOREなど20店舗、エリア最大級のワークプレイスも

井の頭線・下北沢駅高架下で開発が進んでいる新複合施設『ミカン下北』が2022年3月に開業します!

シェアラウンジ併設「TSUTAYA BOOKSTORE」や下北沢のカオス的名店「東洋百貨店」など20店舗が出店!エリア最大級のワークプレイスを有するビジネス拠点としても注目される新複合施設『ミカン下北』とは?

進化する未完地帯『ミカン下北』

京王電鉄が来年3月の開業を発表した『ミカン下北』は、井の頭線・下北沢駅高架下で開発が進む地上5階建ての2街区と地上2階建ての3街区を有する新複合施設です。

『ミカン下北』のプロジェクトコンセプトは「ようこそ。遊ぶと働くの未完地帯へ。」

自由で雑多な空気の下北沢の街で、多様な人々がジャンルや価値観を超えて混ざり合い、予想もつかない何かが生まれる場所を目指します。

『ミカン下北』のロゴデザイン

『ミカン下北』の名称は、絶えず編集され変わり続ける街・下北沢が「常に未完である」ことから。進化し続ける〝未完地帯〟に普遍的な魅力を見出し、未完ゆえに生まれる新たな実験や挑戦を促していくとのこと!

「TSUTAYA BOOKSTORE」など20店舗

『ミカン下北』はA・B・C・D・Eの5街区から構成。個性的な飲食店が集まる商業エリアと〝遊ぶように働く〟を体現したワークプレイスが同居する「遊ぶと働くが混ざり合う」新しい施設です。

『ミカン下北』B街区イメージ
2019年3月に駐輪場として開業した『ミカン下北』C街区

2022年3月にA街区、D街区・E街区がオープン。B街区は2022年7月にオープン予定、C街区は駐輪場(駐輪台数370台)として2019年3月に開業済みです。

「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」(画像:CCC 蔦屋書店カンパニー)

気になるテナントは…下北沢初出店となるシェアラウンジ併設の「TSUTAYA BOOKSTORE」(A街区)や下北沢発祥のメガネブランド「Zoff」(E街区)、下北沢のカオス的名店「東洋百貨店」の2号店(A街区)の出店が発表されています!

ほかにも商業施設への出店が激レアな人気飲食店など、下北沢をさらにアップデートさせる全20店舗が出店予定!

また、世田谷区立図書館が所蔵する予約資料の貸出・返却に特化した「図書館カウンター」(E街区)を設置。こちらは二子玉川、三軒茶屋に次いで3施設目となります。

路面店が立ち並ぶようなゾーニング

『ミカン下北』の空間設計は、街歩きが楽しい下北沢の魅力を活かした、路面店が立ち並ぶようなゾーニングとなるそう。


『ミカン下北』A街区(高架下)イメージ

カルチャーの発信拠点「TSUTAYA BOOKSTORE」や、下北沢らしさを感じさせる個性的な飲食店・物販店にワークプレイスが同居したミクスチャーな空間が、井の頭線高架下に現れます!

『ミカン下北』マップ

さらに、『ミカン下北』を東西に突き抜ける「アクセス道路」は、下北沢駅前広場と茶沢通りを結ぶメイン通路として同時開通!

こちらは世田谷区が整備を担当。下北沢駅周辺の防災機能の強化と回遊性の向上が見込まれます。

下北沢エリア最大級のワークプレイス

『ミカン下北』4・5階には下北沢エリア最大級のワークプレイスが登場!超駅近の一大ビジネス拠点としても要チェックです。

『ミカン下北』フロアマップ。A街区3階にコワーキングスペース、A街区4階にスモールオフィス、B街区3〜5階にオフィススペースを設置

個人単位で利用可能なコワーキングスペースや、2〜10名単位のスモールオフィスを設置。個人の自由な働き方をバックアップするほか、スタートアップ企業やベンチャー企業の誘致も進めていくとのこと。

会議室、集中スペース、ラウンジ、テラススペースなどを備え、自分に合った働き方が選べる環境を創出。入居者同士の連携など様々な仕掛け・取り組みも予定しているそうです。

重厚感と躍動感の建築デザイン

『ミカン下北』のインパクト大な建築デザインにも注目です!

未完の建築

A街区|圧倒的な存在感とスケルトン・インフィル

A街区イメージ

A街区は建築的な仕上げを最小限に抑え、鉄骨で全体を構成したスケルトン・インフィルに。いつまでも進化・深化していく〝未完の建築〟としての無骨な存在感を表現しています。

力強い構造体をベースにテナントの表情を引き出すデザイン。まさに、お店の個性や賑わいが『ミカン下北』の外観となる設計です!

コンテナ

B・D・E街区|コンテナの連続性とランドスケープデザイン

B・D・E街区では、下北沢で培われたあらゆる価値を未来へ運ぶ〝器〟をイメージし、コンテナと建築を融合したデザインで個性豊かな空間を創出。

大きなコンテナが雑多に積み上げられた港のような景色は、下北沢らしいユニークさも感じさせます。

白い外観で統一された下北線路街の雰囲気も素敵ですが、対照的に重厚感と躍動感のある『ミカン下北』の建築デザインも気になりますね!

挑戦を上書きするロゴデザイン

『ミカン下北』のロゴデザインは、力強い筆圧で描かれた「ミ」の字を表現!

リセットするのではなく、上書く。

未完というテーマを土台に、トライしたという確かな痕跡と、現状をよしとせずに実験を重ねようとするアグレッシブな姿勢を、象徴的に記号化した…とのこと!

コンセプトとネーミングが直球で刺さってくるロゴデザイン…とても説得力があります!

>『ミカン下北』ティザーサイト

>【関連記事】『ホームドアが現れた!』井の頭線・下北沢駅のホームドア設置に驚きの声 2021年度内に使用開始予定

『ホームドアが現れた!』井の頭線・下北沢駅のホームドア設置に驚きの声 2021年度内に使用開始予定

2021年11月16日

『ミカン下北』|施設概要

施設名称ミカン下北
開業日2022年3月(B街区は2022年7月)
C街区は2019年3月開業
アクセス京王井の頭線・小田急線 下北沢駅すぐ
敷地面積A街区:約1200㎡
B街区:約560㎡
C街区:約180㎡
D街区:約180
E街区:約300
延床面積A街区:約2800㎡
B街区:約1200㎡
C街区:約580㎡
D街区:約250
E街区:約480
階数A街区:地上5階
B街区:地上5階
C街区:地上2階
D街区:地上2階
E街区:地上2階
運営京王電鉄株式会社
HP公式HP

京王電鉄ニュースリリース(PDF)

下北沢駅の井の頭線高架下に新複合施設『ミカン下北』が2022年3月開業!

下北沢駅前には1月に複合施設「(tefu) lounge (テフ ラウンジ)」もオープンします。

下北沢再開発はいよいよ後半戦。今回の発表により新しい下北沢の全貌が見えてきました!

渋谷『まぐろとシャリ』実食レポ!銀座「はっこく」監修のまぐろ丼専門店でまぐろ巻いてきた!

2021年10月22日

【実食】つぶれない店「宮本カレー」渋谷で東京初出店!『宮本カレー渋谷道玄坂店』期間限定オープン

2021年10月20日
【実食】ザクザク&スパイシー!吉祥寺にバターミルクフライドチキン専門店『ラッキーロッキーチキン』新オープン!

【実食】ザクザク&スパイシー!吉祥寺にバターミルクフライドチキン専門店『ラッキーロッキーチキン』新オープン!

2021年10月13日

【再開】3日間で完売!ピーチ『旅くじ』が東京・渋谷に初上陸!行き先が選べない5000円航空券ガチャ

2021年10月7日

閃光の「ショートケーキ缶」バズスイーツ実食レポ!【リゾッテリアガク渋谷】販売場所と通販まとめ最新版

2021年7月2日

▼こちらの記事もオススメ!