渋谷・東急本店を解体!Bunkamuraは長期休館、そして一体化へ…23年春から

渋谷・東急本店を解体!Bunkamuraは長期休館、そして一体化へ…23年春から

 東急は、渋谷・東急百貨店本店を2023年春以降から解体すると発表しました。併設するBunkamuraは2023年4月から大規模改修工事のため長期休館する予定です。

東急本店跡地は、東急株式会社、Lキャタルトンリアルエステート(以下Lキャタルトン)、株式会社東急百貨店の3社で開発計画を進め、Bunkamuraは新施設に一体化するとのこと。

東急本店は23年春以降に解体!

ご機嫌いかがですか?シブきち(@ShibukichiNet)です。

東急本店の解体が決まった!

東急本店は1967年に誕生。1984年と2002年の全館リニューアルオープンを経て今に至ります。

発表では2023年春以降から解体工事に着手していく予定だそう。

新しい施設は『 隣接するBunkamuraとの一体化により、「感動」「高揚」など真の豊かさを感じる、日本を代表するワールドクラスクオリティの施設』になるとのことで、「東急本店」としてリニューアルするかは未定です。

いずれにしても、Bunkamuraと一体化ということはかなり大規模な施設になりそうですね。

Bunkamuraは23年4月から大規模改修!

Bunkamuraは「日本初の大型の複合文化施設」として1989年に誕生。

30年以上にわたり幅広いジャンルの文化・芸術を発信し続け、東急グループが目指す「エンタテイメントシティSHIBUYA」の礎を築いてきました。

発表では2023年4月から大規模改修工事のため長期休館の予定。

大規模改修後も東急グループの「文化事業の牽引役」は継続。Bunkamuraの外観はカッコいいので、新施設とどのように一体化するのかとても気になるところです。

共同開発の「Lキャタルトン」とは?

ここで素朴な疑問。東急・東急百貨店と共同で本店跡地を開発する「Lキャタルトンリアルエステート」とは一体どんな企業なのでしょう。

Lキャタルトン公式サイトより

リリースによると「 アイコニックな複合施設開発を手掛けるグローバルな不動産開発投資会社」とのこと。ちなみに「アイコニック」とは「伝統形式の〜」といった意味のようです。

ふむふむ、東急本店の歴史を重んじた新施設になりそうな予感。少し安心したような…。

東急百貨店 渋谷・本店

住所〒150-8019
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
MAP
TEL03-3477-3111〈代表〉
アクセス「渋谷駅」から徒歩約7分
HP東急百貨店 渋谷・本店 公式HP

Bunkamura

住所東急本店と同じ
TELTEL.03-3477-9111(代表)
HPBunkamura 公式HP
TwitterBunkamura 公式Twitter

東急株式会社 ニュースリリース


東急渋谷本店の解体とBunkamuraの大規模改修。いずれも2023年の春からということですが、まだあまり実感が湧きません…。(東急東横店閉店の時のようなロス感がやってくることは確かですが。)

それでは今回はこのへんで。ご覧いただきありがとうございました!

「バーチャル渋谷」拡張で「バーチャル原宿」開放!サポーターにきゃりーぱみゅぱみゅさん!

2021年5月12日

「シェーキーズ渋谷店」待望のリニューアルオープン!カラアゲシェーキーズも併設です!

2021年5月11日
【実食!】吉祥寺の超新星バーガー「ベックスバーガー」が新オープン!ダブチー食べて最高の体験!

吉祥寺「BEX BURGER(ベックスバーガー)」24時間「美味い!」をテイクアウト

2021年5月7日

▼こちらの記事もオススメ!